初心者向けアナタを堕とす0の方法

世の中の面白いことをいろいろと経験して書いていきます

【リキッドレビュー】BaksLiquidLab shirafu shirazu

こんにちは、真中です。

 

一世代遅れた後に何故か自分の中にブームが来るってことありませんか?

これは僕の場合なんですが、流行りに乗っている自分が何となく恥ずかしくて

流行っているときには見向きもしない。

ようやく落ち着いたころに試してみると、これが大当たり!

その話題を誰かに話したいんだけど、もう波は去っていて皆の関心は別のもの。

それが温度差になったりもするんですけどね・・・。

 

今はそれも減ってきて、流行っていようがなんだろうが

良いと思うものは良い、良くないものは良くない。

ひとまず試してみて、自分の今持っている感覚ではかってみる。

それが大事なんだなあなんてことを思うようになりました。

 

流行りに乗るのも流行りに乗らないのもどっちでもよかろうということですね。

 

でも、ときどき思うんです。

ああ、流行りにきちんと乗っていればもっと情報も仕入れられるし、

アクセス数だって違うし、何より楽しさを共有できる。

鉄は熱いうちに打てとはしたり、ですね。

 

そんなわけで波に乗っているあのブランドの一個前のリキッドを紹介します。

 

BaksLiquidLab shirafu shirazu

f:id:marakayan72:20180408205540j:plain

 

もう何とか紹介することがないくらいどこの媒体でも紹介されています。

ベプログさんのPUSHが本当に凄くて、その熱量を生み出す良さが詰まっていると

僭越ながら思いました。

 

売れるから推す。売りたいから推す。

 

もはやそういう中心になっているブランドになっていると思います。

「何かが変わった?」

それが変わったとか変わっていないとかそういう感覚を抱くことがないんですよね。

 

僕だったら天狗になるような破竹の勢いです。

きっと、僕が見える風景とは違う風景を見ているし、目指しているんだと思います。

 

 

ああ、たぶん、きっとね。

 

tumblrから色々引用しながら見ていきましょう。

 

BaksLiquidLab. - shirafu shirazu フレーバー詳細

 

ちゃちゃっとフレーバー紹介。

事前に申し上げた通り、簡単に言えばブランデー・パイプタバコ・バニラカスタードがメインなのですが、いわゆるVCTのようなモッタリ感はほとんどありません(主観)。

ミストを吐くとまず感じるのは、鼻腔の上を撫でながら抜けていくブランデーのアルコール感。

ブランデーをメインに、少しバニリンを感じさせるリキュールを3種類使っています。

それに続くのはタバコ葉のアロマです。

バージニアメインのブレンド葉に柑橘系ドライフルーツのような着香。

いわゆる紙巻き煙草のヤニ臭い香りではなく、鼻抜けの良いアロマを感じてもらえると思います。

なのでタバコ系フレーバー苦手な人に是非お試し頂きたい。こういうのもあるんだぞ、と。

松の精油みたいな良い香りのタバコフレーバーなんです。

バニラカスタードに関しては、全体を丸くさせる為に少しだけ使いました。

後味にふわっと香る程度で、いわゆるバニカス味リキッドのようなコッテリ感はないです。

甘味料を使用せずにバニカスの甘さだけを頼っているので、全体を通してスッキリ吸えると思います。

そして全部ミストを吐ききった後にもう一度香草のようなアルコール感が抜けていきます。

個人差あるけどね。

一口吸って「なんだこれ!?」ってなった後にもう一口、もう一口、なんかよくわからんけど美味いな、ってな感じの仕上がりになったかと思います。

4作のうち、一番甘味が少なく、一番「わかりづらい」フレーバーです。

 

と、いうことでしてブランデー&葉巻&バニラがメインで据えられているリキッドです。

これはですねえ、MTLでチビチビやっておりますが、

たまんねえなオイ!!!!

 

と内心で叫びつつ顔は真顔で魂をミストに変換する作業が続いてしまうんです。

うめぇーでもなんで?分からない。吸う。うめえー・・・。

 

こんな感じなんです。幼児退行?

VAPEは20歳から。

 

これだけはレビューというか紹介になってしまいます。

 

まずはブランデー。あのアルコール感が鼻を駆け抜けていく。

素面不知(しらふしらず)の本領発揮というところです。

アルコールではないのに、その香り高さに酔ってしまいそうになります。

 

ブランデーは確かに強い。

ただいわゆるスモークされたブランデーとかそういうのではなくて

淡麗な感じなんです。わかんねぇなこれ!

純粋に香り高いブランデーって感じです!あ、こっちだ。

シェリー樽に漬けた感じかもしれないですね。

それがまず駆け抜けていくんです。

 

そのあとに柑橘のような香り。

どうやら柑橘系の香料は使っていないということなんですけども、

皆さんここをピックアップされますね。

ピールを思わせるような渋みのある、けれどその果物の良さをきちんと保っている

そんな香りがあるんですよね。

でも、香料使ってない。謎。よく分からない。すげえ。語彙が無くなる。

 

最後にバニラが後を優しく吹き抜けていく。

そして軽く残るそのやさしさ。

最後はバニカスリキッドの風合いをほんの少し思い出させるんですよね。

最初のアルコール→柑橘系→バニカスまでの変遷が飽きさせない。

たまんねぇんですよねえ。

 

最初のブランデーと共に葉巻が駆け抜けているんだと思うんです。

最初が本当に複雑で、そこが解き明かせない大きな魅力なんだと思います。

分かりたいけど分からない。それでいいリキッド。

 

好き嫌い別れると思っていたんですが、

VAPEを知らない人に吸ってもらったところ、「うめえ」と言っていたので

やっぱりこのリキッドには魔物がいると思います。甲子園と一緒。

 

ずーっと思っていたことを打っていただけなので、

こんなに早く書けると思わなかったです。すごいな、想いってのはよォー!

 

f:id:marakayan72:20180408212255j:plain

 

相変わらずのラベルの素敵さ。

たまらんすよね。

 

このラベルも販売されてたのに、見事に買うの忘れてました!

OUT OF STOCK

次回の仕入れはいつなんでしょう・・・。

 

さて、新作のELK。

いちごタバコということでしょうか果たして。。。

購入してはまた吸ってみたいと思ってます!!!

 

それではまた。

 

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*)

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

【リキッドレビュー】ヨネさん自作リキッド(CMYK)!

こんにちは、真中です!

 

いつからだったでしょうか、自分に0からモノを作る才能は無いと気付いたのは。

 

趣味でショートショートという短編を書いてたりしてた高校時代。

友人に読んでもらうとどうも面白くないという評価をもらっていました。

 

国語の授業で芥川龍之介の「羅生門」の続きを書いてみる、という授業がありました。

老婆は死人から髪の毛を抜き、かつらをつくる。

その死人は、生きるために仕方なく人を騙していた。だから今自分がやっていることだって同じことで、許されるだろう。

老婆はそんなことをいうわけですね。

それを聴いていた主人公といってもいい下人は、それなら自分が老婆から着物を剥ぎ取っても恨むまいな、と言って着物を剥ぎ取り暗闇に消えていく、そんな終わり方です。

 

この下人の行く末は暗闇なのです。救いはありません。

勿論描かれてはいませんが、この物語の行く末は暗闇なのです。

 

その時の僕はそれを受け入れることが出来なくて、その後の下人が暇を出された主人の下に舞い戻り、なんとか盛り立てて幸せになることは出来ないかと考え、救われる続きを書いたんです。

 

読んでくれた友人はそれを評価してくれました。

 

ああ、自分は何か元があるものでなければ書けないのか。

その時初めて気付いたんです。

 

ゼロからイチを作る才能。

イチを10にも50にも伸ばす才能。

 

色々あるのですが、尊いのはゼロからイチを作る才能だと思っています。

生み出すことは命を削る作業にも等しく、苦しみの先にたどり着くようなもので、

それなのに報われることが少ない。

そしてその才能を持つ人は極端に少ないのです。

故に重宝されるし、愛される。

 

この凄絶な才能があまりに羨ましくて、手を伸ばしても自分には届かない領域だと

強く感じてしまうんですよね。

だから、そういう才能を持つ人に強く惹かれる訳です。

 

モノ作りにゴールがないのは、受け取る相手次第でその評価が変わるからでしょう。

VAPEで言えば、リキッドはその最たるもので、評価が高いからといって

必ずしも自分に合っているとは限らない。

そこが難しいところですよね。

 

リキッドの自作をされる人は自分にとってゼロからイチを作る才能溢れる人です。

 

「香料があるんだから、それをただ混ぜるだけだろう?」と思われるかもしれませんが

同じ材料を使っても、寝かせる期間(スティープ)、香料の配合率、

想定するW数が違えばそれこそ想定する味が変わってしまうんです。

 

そして、何千何万何億とある組み合わせの中からようやくたどり着いたその先って

果てしない格闘の末にある世界です。深淵です。

 

だからこそ、僕は自作リキッドを吸わせていただくとき

心躍ってしまうんですよ!こりゃどんな想いで作られてるのかなあなんて思うと

たまらなくなるわけですね。

 

今日吸わせていただくリキッドもそんな自作リキッド。

どんな想いが伝わるのかというところで吸っていこうと思います!

 

f:id:marakayan72:20180331152314j:plain

 

こちらヨネさんから頂いた自作リキッドです!

名前はCMYKというそうです!

 

twitter.com

 

ヨネさんとは以前、3PCSさんで一度お会いし、

それ以降自作リキッドを作成されたときに、わざわざ送っていただいております。

今度ビール奢らせてください!!おねしゃす!!

 

さて、このリキッド名CMYKは使っている香料から頭文字をとったそうです。

どういう香料を使っているんでしょうか・・・?

気になりますよね!

好きなものをがしがし詰め込んだと伺ってこれはすごくいいなあー!と思いました。

 

匂いを嗅いでみます。

 

シナモンクル━(゚∀゚)━!

 

Cはシナモンで決定だー!と分かるくらいシナモン。

シナモン嫌いな人は絶対勧められないくらいシナモン。

シナモン好きな僕からすると、期待値びんびん丸。

 

他は・・・匂いだけじゃわからないですね・・・。

 

もう吸いましょ!

吸うしかないジャン!!!!!!!!!!

 

f:id:marakayan72:20180331153024j:plain

 

おKayfunPrimeを購入しました。

(誤字じゃないですよ!笑)

この自作リキッドのために洗浄し、0.9Ωで組みました。

カンタル26G 7wrap

18Wで吸ってみます。

ちなみにおKayfunPrimeは今回初使用です。

どれだけここに力を込めているかということですよ奥さん!!!

 

それでは・・・。

スコーーーープハーーーーー

 

やはり最初のシナモンが印象的ですね。

でも香り程グッと奥を刺してこないです。

まろやかで、吸いやすくて最初から舌になじみます。

 

個人的に凄く吸いやすいです。

色々な味が確かにする(気がする)んですけど、複雑ではなくて、きちんとまとまっています。

 

ヨネさん曰く、日が経つと、味が変化してしまうということで

そのポテンシャルを味わっておらず申し訳ないと思っていたのですが、

これも十分美味しい!

 

尖っているという印象は僕には受けませんでした。

たぶん直後だとトゲトゲしてるんでしょうね笑

 

味を少しずつ紐解こうと、チェーンをしているうちにシナモンうめえが頭を支配しました笑

 

リキッド自体がもっとガッツンガッツンくるのかと思ったら

渾然一体となって、優しく広がってきます。

シナモンもとても良い印象で、他がそれを支えているのでしょう!

吸いやすくて美味しいリキッド。

 

答えを知ってから吸うとまた印象変わって「あーwwww」ってなるんだろうなー!

凄く楽しみなんですよね・・・!

 

答えを知ってからまた吸ってみましょう!

 

今回もリキッドの送付ありがとうございましたー!!

楽しく、美味しく吸わせて頂きました!(*´ω`*)

 

これを機に僕も自作のなんたるかを知らねばなるまいな・・・。

 

それではまた。

 

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

 

【リキッドレビュー】LayzerCrew Gangway

こんばんは。真中です。

 

突然ですが、僕が大学生のころの話をします。

 

キューバリブレって知ってる?」

 

ベロンベロンに酔った状態で、気分は高揚、顔は紅潮。

いつも優しいながらも時たま獣のような表情でこちらを見つめる友人がそう聞いてきました。

 

友人宅にてとにかく安いお酒を買っては、酔うために飲み、飲んでは酔い、

その繰り返される諸行無常は大学生ならではの時間の持て余し方。

 

「いやあ・・・知らないなあ。」

大学生のころにそんなオシャレな会話をすると思っていなかった僕は面食らい

次の言葉がどうつながるのかを楽しみに待ちました。

 

キューバリブレって自由のお酒なんだよ。だから僕はこれが好きなんだ」

 

キューバリブレとは、ラムにコーラを混ぜて作るカクテルです。

 

キューバ・リブレ - Wikipedia

 

 第二次キューバ独立戦争の合言葉として使われた「Viva Cuba Libre(キューバの自由万歳)」にちなんで作られたカクテル。1898年4月に始まった米西戦争においてアメリカが勝利し、キューバがスペインから独立して1つの国家としての歴史をスタートする。その独立を祝う為に生まれたカクテルがまさしくキューバ・リブレであった。

1898年8月、キューバ独立を助けた1人のアメリカ人将校がハバナのバーで、キューバにアメリカ兵と共にやって来た人気のドリンク、コカ・コーラと、当時の地元で最も人気の酒、バカルディ社のゴールド・ラムをミックスする事を思い付く。そして、その他のアメリカ人将兵が次々にこのドリンクをオーダーし、“キューバの自由”(Cuba Libre) の為に乾杯し、「キューバ・リブレ」と雄叫びを上げたのがこのカクテル誕生の由来と言われる。

以来、20世紀に入り現在に至るまで、有名なロングドリンクの一つとして世界中で飲用されている。

 キューバの独立にちなんだカクテルなんですね。

それだけの万感の想いが込められたカクテルについて、

何故その友人が知っていたのかは定かではありません。

 

しかし、その時の友人は非常に輝いた顔で語っていました。

そのころ、色々と責任の想い立場にいた友人は様々な想いを背負っていたのでしょう。

その時飲んだキューバリブレはラムの香りとコーラの甘さで、

ちょっとした休息を彼に与えていたのでしょう。

 

それ以来、僕にとっても「キューバリブレ」は特別となり、

ラム酒」を初めて知ったきっかけともなりました。

 

さて、そんな思い出深いラムをモチーフにしたリキッドをご紹介いたします。

 

LayzerCrew Gangway

 

f:id:marakayan72:20180311211820j:plain

 

こちらのリキッドです!!

少し画質が上がったと思いませんか?

今回からデジタルカメラを導入しました!

 

VAPE用にカメラを買ったんですが、これほんと画質が良いのでびっくりしました。

色々お試しで撮っちゃいますね・・・笑

 

それはさておき、Gangwayについて色々みていきましょう!

 

Gangwayとは、「通り道」だったり、「道をあけろ!」という強い意味もこめられたりするそうですね。

 

www.youtube.com

 

という話をあさり先生がされておりました。

要チェックだぜ。

 

個人的にはこのリキッドの名称には強い想いが込められていると思うんですね。

f:id:marakayan72:20180311212613j:plain

 

f:id:marakayan72:20180311213218j:plain

 

ちょっとみたらお分かりいただけるかと思うのですが、

シールで名前を貼りなおしているんですね。

名称変更がこのリキッドにはあったそうで、

そこに至る経緯を(勝手に)考えると色々と楽しいんですよね。

 

「このリキッドで俺は進む。邪魔するな。そこをどけ。道を開けろ。」

 

そういう意志の強さを感じるわけですよ。

誰がどう言おうがこれで良い。

そういう気持ちの強さって本当に惹かれるものがありまして、

そうであったら良いなあなんて思ってます笑

 

シールをはがせばもともとどういうリキッド名を構想されていたかが分かりますが、

それは買って確かめてみるのもいいでしょう。

しかし、このリキッドは「Gangway」です。揺るぐことはありません。

 

味なのですが、「甘くないラム&タバコ」とのことです。

シンプルかつ明快ですね。

これ以上の詳細はありませんでした。

 

それも込みで期待が跳ね上がります。

情報に惑わされず、吸ったそのままの感想で良いんだぞ、とそんな風にも受け取れます。

 

匂いを嗅いでみましょう。

 

ウッド・・・。木のような、ややもすれば土のような。

香りからはラムの印象を感じられません。

タバコの比率が高いように思います。

 

ちょっと間をおいて、これはナッツを燻したようなにおいにも感じます。

LayzerCrewリキッドには、「President Tobacco」という

タバコ系リキッドがありますが、あの雰囲気がありますね。

王道のタバコ(VAPE系でいうナッツタバコですかね)という感じです。

 

ここまででは確かに甘さを感じないですね・・・。

では、吸ってみましょうか。

今日はこの組み合わせです。

 

f:id:marakayan72:20180311214209j:plain

 

Fog1 × Gangwayです。

0.8ΩのMTL(マウストゥーラング)用のコイルで吸います。

 

それでは。。。

 

スコーーーープハーーーーー。

 

おお!!スゴイ!!!

 

確かにタバコナッツの香りは強く香ってくるのですが、

それよりもさっきまで香らなかったラムがふわっと鼻腔に入ってくる。

カクテル系のラムではなく、あくまでタバコをサポートするラムですね。

非常に硬派なリキッドだと思います。

 

VAPE系のタバコリキッドがダメだ―という人は買わない方がいいでしょう。

好きだという方、ようこそ。こちらの世界へ。

 

これまたふり幅としてどこまでフォローするんだというくらい、

LayzerCrewリキッドのラインナップは広いんですよね・・・。

 

GrandmasterTobaccoというリキッドもありますが、

そのタバコ感よりも強めです。

 

最初、ラムが何処にいるかちょっと探してしまうかもしれないんですが、

じっくり腰を据えてチェーンしてみてください。

少しずつその表情を捉えることが出来、しっかりと全容を把握した時、

もうこのリキッドの虜になっている・・・。

そんな奥深さがあるリキッドかもしれません。

 

凄く美味しい!なんだこれ!という驚きではないです。

 

吸っていると落ち着く。

少しずつじわじわと体に浸透していく。

そんなリキッドです

 

焦らず急がず、ちょっと落ち着いて吸ってみましょう。

後半にグリセリン由来と思われる甘さも感じることが出来、

色々な味わいが感じられます。

 

タバコ系リキッドがお好きな方は是非お試しあれ!

個人的にも好きなリキッドですし、じんわりと美味しいなあーって思えるリキッドですよ!

 

ご購入はこちらから!(30ml)

 

item.rakuten.co.jp

 

なんともうすでに100ml版も出ています。

 

item.rakuten.co.jp

 

気になる方は要チェケラ!

 

PS.

 

今日は誕生日でした。

色々な方にお祝いの言葉を頂戴し、感無量でした!

来年は元気に誕生日を迎えられるといいなあと思います。

今年は風邪でグズグズでした笑

 

それではまた。

 

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

 

【リキッドレビュー】Layzer crew Alternative O & Maldive

皆さん!

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します。

 

もうすぐバレンタインデーですね!(白目)

 

全く書いてないっすね!ね!

いつも通り、いつも通り。

もう二月ってことで、新年入ってから月が経つのが加速している気がします。

単純に年齢を重ねているだけですねきっとこれは間違いないそうだそうなんだ

 

さて。

 

まずはバレンタインデーについてなんですが、

僕には関係ねぇや!はい次!

 

新しいことを始めるのはとてもエネルギーが必要ですよね。

始めてしまえば、なんてことは無かったり、

始めたからこそわかる難しさがあったり、

そういう経験につながるためにはまず、始めてみなければわからないです。

 

ものすごく考えてしまうタチなので、

「こう思われたらどうしよう。嫌われたらどうしよう!」とか

ぐるぐる頭の中を回っていってしまうんですね。

そういうとき、「まぁそうなってから考えればいいんじゃん?」というような

一風投げやりな言葉が自分を救ってくれたりもします。

まず、やってみる。ダメならそれで仕方ない。

上手くいったらラッキー!最初はそれで良いのかもしれません。

継続するのにも力は必要で、また違った悩みやアプローチが必要になりますしね。

 

宣伝ですが、Youtubeのチャンネルでラジオやってます!

(VAPE関係ない男四人のラジオです)

いずれVAPEの何かしらも上げたいなあとは思うんですが、

ちょっと色々考えてます。何かアドバイスありましたらリプライ待ってます!

 

【柿生スタジオ】

www.youtube.com

 

ひとまず、僕はこんなことを始めてみました。

 

現在、ラジオは第四話公開中です!

youtu.be

 

 

VAPEでは、始めてみるまでの方が大変だったなあーというのが

メカニカルデビューでした。

色々調べて、どうやったら安全に使えるかとか、

ハイブリッドはこういうものだとか・・・。

 

そもそも、基板が入ってるって意味でメカニカルって意味じゃないの!?違うの!?

とかそんな無知なところからスタートした身からすれば、

それらの違いって本当に敷居が高く感じる一因なんですよね。

どこかで吸収できるコンテンツがあればいいのかなあとも思いました。

 

同様に。

新作のリキッドが出ると、僕は「うおー!次は何だ―!」と買いに走ります。

勿論、メーカーによりますが、とにかくお気に入りのメーカーのものは買いたくなります。

 

それは、チャレンジスピリッツへの敬愛であり、

少しでもお金を落として応援したいという気持ちでもあります。

その一助としてこのブログがあればよいなあと思っております。

 

今回はLayzer crewさんの新作リキッドをご紹介します。

(といっても、店舗では販売していたので、時期的には遅いですかね?笑)

 

Layzer crew Alternative O & Maldive

 

f:id:marakayan72:20180212124736j:plain

 

本日は2種類のリキッドをご紹介致します。

Alternative O (オルタナティブ オー)

・Maldvie(モルディブ

 

メレーグマさんからは

オルタナはマジ笑えると思うけども、モルディヴはちょっと気をつけて!!」

という心強いお言葉をいただきました。

 

気になりますね?それでは早速見ていきましょう!

まずはAlternative O から。

 

購入先のAmazonから商品説明を拝借。

 大人気オレンジ系炭酸飲料水をイメージできるその風味!思わず微笑むそのおいしさ!。ニコチン・タールは入っておりません。 リキッド容量:30ml、容器:ガラス瓶/蓋:樹脂 成分:グリセリンプロピレングリコール、香料 原産国:中国産 日本食品分析センターにて分析。 ニコチン、ホルムアルデヒド発がん性物質は検出されておりません。海外での検査も通過しております。

 

Layzercrewリキッドは

日本食品分析センターにて検査を行っているため、

安心して吸うことが出来るのがポイントですね。

 

肝心の味の詳細については・・・。

おー!大人気オレンジ系炭酸飲料水!

これはつまりファン〇ですよね!

リキッドを開封する前からファ〇タの匂いがしますよー!

でも、この香料感がマルカ〇のフーセンガムのようでもあって・・・。

我慢できないっすね・・・。吸いましょうか!

 

今回FOG 1 0.5Ωにて吸っていきますよ!

今までちょっとお高めのアトマイザーで吸っていたので、

敷居が丁度よいクリアロマイザー(スターター)ならどうか、という点で

参考にしていただければ幸いです。

 

スコーーーープハーーーーー

 

うはwwwwwwwwwこれwwwwwwwwwwww

と思わずネットスラングで微笑んでしまうくらいに〇ァンタ。

匂いはマル〇ワのフーセンガムだったのですが、

若干の清涼剤のおかげで炭酸感が良く出ています。

その結果、やはりフ〇ンタ。

爽やかなオレンジが口の中を一陣の風となって吹き抜けていくので、

これは爽やかですね。

チェーン余裕ですねー!

清涼剤苦手な人だとちょっと強いかもしれません。

しかし、ほんと炭酸を感じる。

シュワシュワする・・・。楽しい・・・。

 

駄菓子リキッドというより、ジュースリキッド。

ゴクゴク飲めるあの感じがたまらなく表現されてます。

これはオススメ!

 

さァーて次に行ってみましょう!

Maldiveの商品説明をAmazonから拝借。

 

 戦列に香るレモン、強い清涼感。モルディブで太陽をいっぱい浴びたレモンをイメージして作ったリキッドです。ニコチン・タールは入っておりません。 リキッド容量:30ml、容器:ガラス瓶/蓋:樹脂 成分:グリセリンプロピレングリコール、香料 原産国:中国産 日本食品分析センターにて分析。 ニコチン、ホルムアルデヒド発がん性物質は検出されておりません。海外での検査も通過しております。

戦列・・・!?

とんでもなく強いレモンが想起されます。

(きっと鮮烈ですよね!)

 

太陽の恵みを受けたレモンはそれはそれは瑞々しく、

香り高い酸味と少しの甘味をもたらしそうです。

 

モルディブ - Google 検索

 

モルディブで画像検索をしてみました。

https://www.tabikobo.com/area/wp-content/uploads/2017/07/hotel_s10.jpg

 

めっちゃ綺麗じゃないですか?

現世じゃないみたいですよね。

もはや合成。ようわからんです。

 

この素敵な風景と共にMaldiveを意識して読んでみてくださいね!

 

では匂いから・・・。

うおー!!爽やかレモン!

 

匂いを嗅いで、唾液が止まらなくなるあの感覚。

まさにですね。このレモンはすごいなあ。

VAPEにおけるレモンはややもすると芳香剤になりがちですが、

香りからはその印象はありませんね。

では吸っていきやしょう!

 

スコーーーープハーーーーー

 

うひゃあああああああああ

清涼剤強し!!!ドッキューーーーーンきますよ!

そしてレモンからは芳香剤感なし!

香りよりもレモンが少し奥に行った印象はありますが、

それは清涼剤の強さに印象が引っ張られるからですね。

 

それもそのはず、清涼剤はLayzercrewリキッドの中でも10段階で9!

(一番はJackpotKというリキッドですね)

チェーンするほど、喉奥に差し込んできますね!気を付けて!

 

甘味が少なく、グリセリンそのものの甘味を感じるので、

くどさはなく、爽やかなレモンがいつまでも残ります。

食後にスーッと吸うのもありなスッキリリキッド。

 

吐き始めのレモン感が本当にいいですね。

あのレモンタブレットがあると思うんですが、あれを考えるといいかなあ。

ハイ〇モン。そこから駄菓子感を抜いた感じですね。

太陽いっぱい浴びたレモンの表現が素敵に出ております!

 

 

今回も素敵なリキッドでした。

美味しい柑橘系リキッド2種類。

どうやらお茶リキッドと混ぜても良いということで、

LayzercrewラインのAllDayと混ぜても良さそうですよね!

これは・・・買わないとか・・・?

 

今回ご紹介したリキッドは、もともと店舗限定リキッドでした。

現在、通販ではAmazonしか販売しておりませんでした。

URLを貼ると、ちょっとはてなブログでの挙動がおかしいので、

Amazonにて「Layzercrew」と検索してください。

 

f:id:marakayan72:20180212133939p:plain

 

種類というところのプルタブから。

・オレンジ系炭酸飲料 → Alternative O

・強清涼レモン    → Maldive

 

という二つが見えると思います。

それらを選択することで購入可能です!

是非お試しあれ!

 

それではまた。

 

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

今年の総括@2017年!

こんばんは。真中です。

 

年の瀬ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

寒いので、風邪を引かないようお過ごしくださいね。

 

私は特にこれと言って何かをしている訳でもなく、

ぼんやり過ごしている年の瀬でございます。

というよりも、年の瀬だからぼんやり過ごしているのではなく、

毎日毎日ぼんやり過ごしている訳なんですけどね!

ぼんやり過ごすのも幸せだったりします。ええ。

 

さて、今年の私のVAPEを振り返ってみようかなあと思ってみます。

ブログをやっている一つの利点ですね。

なんですけど、きちんとまとめてないもんで何となく振り返るくらいですが!

 

まずはこのブログの更新数。

2017年の更新数なんと・・・。

 

19!

(この記事をふくめて20)

 

大手ブログと比較するとあまりに少ない・・・。

一か月で更新可能な記事数なんですけど、これはあれですね。

やる気の無さですね。

ルーチンワークというか、ブログをもっと書こう!っていう習慣付けが

あまり自分でできていない結果となりました。

もうちっと頑張っていきたいですね!

 

良いコンテンツは

 

・記事の質

・更新の多さ(早さ)

・レスポンスの良さ

・読みやすさ

 

上記なんだと思ってます。

良いブログ目指して頑張っていきましょうね!ええ!

 

その数少ない更新の中で一番印象に残っているのが、

 

only-goodbye.hatenablog.com

 

この記事です。

VAPING APE TOKYOさんに行って、

奇跡の出会いをしたRIG V3ですね。

シリアル1000番を購入し、GOON LPを乗っけてニッコリ。

しかもこれがメカニカルデビューでした。

 

勢いはとにかく大事。

そして準備や知識も大事。

その両方を兼ねるためには、専門家に話を聴くのが良いですね。

ショップの店員さんの丁寧さに感銘を受け、

またそのフランクな人柄に惹かれ、あまりにも長い時間居てしまったことを思い出します。

 

また行きたいなあと思いながらも出不精が祟っています。

今度こそ行きやす!うっす!

 

あとは!

 

only-goodbye.hatenablog.com

 

ヨネさんから頂いた自作リキッド!

現在も自作を続けていらっしゃって、非常にそのセンスに驚かされるばかりです。

僕が自作を強く意識したのは、このヨネさんのリキッドを吸わせて頂いてからですね。

 

自作リキッドはDIYリキッドと呼ばれ、香料を混ぜて、それをVG、PG等で割って

作成するものですね。

自作リキッドをショップに卸す、または自分のストアで販売している方もいらっしゃいます。

 

安くリキッドを仕上げるためという目的だったり、自分の好みにあったリキッドを作成したい!そういう想いが色々なところでTwitterから感じられるのが大好きです。

 

自作リキッド交換会というのもありまして、

twitter.com

 

上記から詳細なんかは見られますね!

自作は良いなあーと思いながらも、混ぜる試行錯誤するのがめんどくさー!とか

そもそも自分にはセンスがないやい!とか色々難癖付けている最中なので

まずは上記企画を参考にして自分の内なる野心を育てています。

 

香料のレビューなんかも動画で沢山挙げられていますよね。

 

www.youtube.com

 

上記はあやたあるふぁさんの動画です。

 

twitter.com

 

僕はゆっくり実況が好きなのですが、

VAPEとゆっくりの親和性の高さたるやたまらんですね。

 

そしてかけあいや説明の分かりやすさがとても良いです。

こういうレシピを試してみたから、やるならこれぐらいかな、という

比率もわかりやすくてとても参考になります。

こいつァ、早くはじめねぇといけねェやなァ・・・!?

 

あとは・・・。

 

only-goodbye.hatenablog.com

 

only-goodbye.hatenablog.com

 

この辺り。

 

メレーグマさんのLayzer crew

oshinbaksさんのBaksLiquidLab

 

お二方のリキッドを非常に多くレビューさせていただきました。

そのクオリティの高さはもちろん、

リキッドに込められた思いや意味合いがとても大好きです。

美味しいはもちろん、どういう気持ちがそこにあるのかなあって考えるのが好きです。

 

歌も同様だと思ってます。

 

聴き手が思うように聴けば良いとは思うのですが、

この作者の思いって何処にあるんだろうなーって考えるのが好きです。

正解なんてあるかどうかも分からないんですけども、

その気持ちに少しでも寄り添ってVAPE出来たら楽しいやなーって思います。

そういう意味では、自作リキッドってそういう気持ちがダイレクトに伝わるので好きなんですよね。

 

人の想いというものに触れられるのが好きなのかもしれません。

今年は「忖度」という言葉が流行りました。

本来、良し悪しというものは関係ないはずなのですが、

悪い意味でとらえる言葉と思えるような広がり方をしましたね。

 

でも、忖度できるリキッドがたくさんあることを僕はうれしく思います。

是非、想いを感じるリキッドが増えていけば良いなあ。

 

 

さて、今年も一年ありがとうございました。

いつまでも更新が増えずに、マイペースにやらせていただきましたが、

それでも僕の中では色々な方と出会えた一年でした。

これもひとえに皆様のおかげだと思っております!

 

VAPEについての知識はまだまだ偏っていて、

というよりVAPEのことを書いている行数の方が少ないくらいですが、

それでも読んでくださっている方に感謝です。

そんな皆様の来年のご多幸をお祈り申し上げます!

 

来年もまたよろしくお願い致します。

 

真中

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

 

【リキッドレビュー】UNDER TONE Coco Strawberry

こんばんは。真中です。

 

さて、ブログを書こうかなあーなんてことを思っていましたらね。

前回更新から三カ月が経過しておりました。

( ^ω^)・・・。

 

ようやく重い腰を上げて更新しようと思った次第です。

最近TwitterはRTマシーンでひたすらにブログを読んでいるだけで、

ご挨拶もあまりしておらず、色々と存在感が希薄に・・・。

ですが、当方元気にやってます。問題ございません。

 

最近ハマっているのは、宇宙兄弟を読むことですね。

展開やコミカルなギャグなど色々と好きなところはありますが、

やはり一番響くのが「夢を追いかけなくていいのか?」というところです。

 

僕は何かにつけて言い訳をして、直面していることから逃げる癖が付いています。

それを繰り返し行っているうちに、「やりたいこと」がないようになっていました。

主人公含め、登場人物は困難な道をだと分かっていてもその道を選んで向かっていきます。

 

タイトル通り、宇宙を目指す兄弟が主人公ではあるのですが、

兄は上司に頭突きをしてクビ、弟は既に宇宙飛行士になっている。

そんな前提から進んでいくんですね。

 

兄でありながら、弟よりも劣っていると痛感する兄。

自分は凡人で、宇宙飛行士になんかなれやしないと弱気な自分が言う。

それでも、幼少のころは、何も考えずに夢を語っていた。

あの時の自分が言えるのだったら、今だって言えるはず。

 

そんな強い気持ちや葛藤の中で紆余曲折ありながら進んでいく姿が非常に好きです。

 

それを自分に置き換えてみると、小さなときに語った夢は今どうなっているだろうか、と考えてしまいます。

勿論、叶ってもいないですし、いつしか叶える努力もしなくなっていました。

自分が想定していた大人の像とは甚だしく異なっていますが、それでも今なりの生き方で生きている。

 

ひとまずはそんなんでいいのかなあーなんてことを思ってますね。

 

人の前向きな気持ちには強いエネルギーがあります。

勿論、後ろ向きな気持ちにも強いエネルギーはあるのですが、

魅力的に映るのは前者です。

 

前向きな強いエネルギーに触れると、少しでも自分が元気になれたり、

憧れをもってこういう人になりたい、こういうことをやりたいと思ったりします。

そういうエネルギーの循環ってとてもすてきだなと思います。

 

ブログを読むのはその強いエネルギーを感じることが出来るからです。

Vapeのレビューブログには良し悪し、感情、知識、それぞれぎっしり詰まっていて、

そこから享受できるものはとても大きいですよね。

 

僕はそれを少しずつ受け取っています。

その循環の一つとしてこのブログも読んでもらえたら嬉しいなあーと思います。

 

と、前置きが非常に長くなってしまい申し訳ありません。

今日レビューするのはコチラ!

 

f:id:marakayan72:20171210213416j:plain

 

UNDER TONE Coco Strawberry

 

です!

購入先はVAPE ONさんです。

 

vapeon-asia.net

 

味の詳細を引用させていただきますね。

 

ストロベリーの美味しさの中に程良いミントとココナッツが香るリキッドです。
こちらは今回より取り扱いを始めた新ブランドとなります。是非、お試し下さい!

 

僕のすきなイチゴフレーバーにミントとココナッツが合わさっているみたいですね。

非常にさっぱりと吸えそうな印象を受けます。

 

まずはリキッドチャージ時の匂いから。

 

香り立つのはココナッツの香りですね。

そのうえにさっぱりとしそうなミントが香ります。

イチゴはここからは香りませんかねえ・・・。

ひっそりと奥にいそうな雰囲気だけは分かります。

 

では早速吸っていきましょうか!

セッティングは以下です。

 

アトマイザー:Hadaly

抵抗値:0.84Ω

W数:30W

ビルド:クラプトンワイヤー 内径3mm 5巻

 

では早速・・・。

 

スコーーーープハーーーーー

 

ミント&ココナッツ!!

非常にスッキリとした味わいで後味のキレが良いですね。

イチゴもいるのですが、少し奥にひっそり隠れていますね。

ミントというのは、味だけではなくて、多少の清涼剤が含まれているのが

少しヒヤッとしますね。そこにココナッツのふんわりとした香りがのっかる感じです。

メインはミントかなあーっという気がします。

この味わいはチェーン余裕です。全くしつこくないので食後でもよいですね。

 

ミストを吐き切った後の口の中がが非常に爽やかです。

吐いたミストも非常に香り良く、男女ともに好感が持てると思いますよ!

 

このミント感はモヒート好きならオススメかもしれませんね。

 

あくまでもデザート感のあるイチゴ・ココナッツ・ミントの組み合わせではないので

お酒好きな人なんかはいいかもしれません。

お酒が飲めなくても、モヒートとかこんな感じなんだーって知りたい方にもオススメ。

 

そんな感じです!

 

購入はVAPE ONさんで!

 

vapeon-asia.net

 

12月10日21時現在では売り切れ中なので、

再入荷をお待ちください。

 

(僕が買ったのは新入荷の時だったので、もう半年以上前です・・・)

 

VAPE ONさんのリキッドは、

甘すぎずさっぱりいただけてチェーンもしやすい。

個人的にはそんなリキッドがたくさんあるので、他の商品を覗くのも楽しいかもしれませんね。

 

それではまた。

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村

【リキッドレビュー】BaksLiquidLab Guld Kvällsfika & Lychee Bak

こんばんは。真中です。

 

突然ですが、僕はサッカーが好きです。

もともと僕は野球をやっており、「サッカー?イケメンのスポーツだろ?」

と手の届かないブドウは酸っぱい理論よろしく

「サッカーはつまらないスポーツだと言い聞かせていました。」

 

大学生のころに、友人がウイニングイレブンというサッカーゲームをやらせてくれて

それ以来、サッカーって面白いんだなあとようやく気付いた次第です。

 

現在、ジャイアントキリングという漫画が好きで仕方ないのですが、

それを読んでいて自分が思っていたことがあるので書いてみますね。

ちょっとお付き合いください。

 

サッカーにおいて、背番号は大きな意味を持つことがあります。

「あいつは10番タイプだよなー」

「あいつは9番タイプだな」

とか、色々です。

偉大な選手が背負っていた背番号であれば、それを受け継ぐのに大変な期待と

プレッシャーが伴うのです。

 

今回はその「9番」というのに焦点を当ててみます。

9番タイプ。それはFW(フォワード)を指して言う言葉です。

 

spaia.jp

 

もしかすると、背番号の中で一番単純な意味合いを持つのが9番なのかもしれない。エースストライカー、点取屋、これらの言葉につきる。ドリブラーでもポストプレーヤーでもプレイスタイルは何でもよく、とにかく点を取るプレーヤーがつける背番号といえる。

 

エースストライカー。

点を取ることを義務付けられた人たちが「9番」を背負うんですね。

 

それは何を指すかというと、

どんなに良いプレーをしても、どれほどチームに献身的に貢献しようと

その背番号を背負う以上は「点を取らなければ意味がない」ことを指します。

 

そこから僕が思うのは

「貪欲に、ひたすらゴール目掛けてストイックに向かう」というのが

9番タイプには求められるということを思っています。

 

また、9番には「エゴイズム」が求められます。

ストライカーのエゴイズムですので、通常のエゴとは違います。

「パスを出せるシーンでも俺が決めてみせる!」

「どんなところでも俺が決めて英雄になってみせる!」

そういう強い想いが必要だと思うのです。

 

結果が出ない時期が続いてもゴール一発でヤジを応援に変えてしまう。

チームのために動けていないと揶揄されても、

土壇場でゴールを決めてチームを救ったりする。

 

結果がすべてのために、その結果をどこまでも追求する。

それがストライカーだと思っています。

 

究極的に言えば、自分のために動いた結果が

チームのためになるということだと思っています。

 

さて、長い前置きをどこにつなげるのかいうと、

今回のリキッドを作成した「osihnbaks」さんにつなげていきます。

 

この方がどういう方なのかと言いますと、まずは見て頂いた方が早いですね。

 

 

 あっ、間違えた

 

https://baksliquidlab.tumblr.com/post/157226331612/承認欲求と自己矛盾

baksliquidlab.tumblr.com

 

「100人中100人が美味しいと言うリキッドは絶対に存在しない」
「今まで何もやり遂げる事の無かった自分にできるわけがない」
「絶対に誰かの常飲になりたい」
「これだけ美味しいリキッドがリリースされ続ける中で自分のリキッドが受け入れられるわけがない」

そんな強烈な承認欲求と絶望的な自己矛盾を孕みながら、“BAKSLIQUIDLAB"(バクスリキッドラブ)というリキッドレーベルを作りました。
レーベルなんていう大げさなもんでもないし、ちょっとカッコつけすぎな感じはあります。
でも外側に向けたアクションはできるだけカッコつけた方が得だと思いません?
『ああ、あのボボブラジルの人のリキッドね』『ああ、あのxvideos狂が作ったやつね」とか言われるのは絶対に避けたいので。
隠れ蓑みたいなもんです。

 

何度も読み返すくらい強烈な衝撃を受けました。

人が生きるにあたっての活力と無力感がいっしょくたになり、

それでも前へと進んでいく想いを上記から感じました。

それをここまで上手く表現できるか?

僕はそれだけでファンになりました。

 

こうした想いを表現したリキッドはどんな味になるのか。

その興味があまりにも尽きず、新作が出るたびに購入させていただいているのですが、

すべて外さないんですね。

 

確実に期待がプレッシャーに変わっていく段階になっていると思います。

それを簡単にはねのけている(ように見える)のがいつもながら凄いです。

もはや、「この人のリキッドにはずれがない、安心して買える」

その評価さえほしいままにしているのではないかと思っています。

 

さて、リキッドにおけるゴールとは

「常飲にする」

「美味しいと感じさせ続ける」

そんなところでしょうか。

 

僕にとってのストライカー像はoshinbaksさんです。

そんなおしんさんのリキッドを吸っていきましょう。

 

以前紹介したリキッドレビューはこちら。

 

only-goodbye.hatenablog.com

 

f:id:marakayan72:20170910215224j:plain

 

BaksLiquidLab

Lychee Bak & Guld Kvällsfika 

 

左がLychee Bak(以後、りしぇばっくと呼びます)

右がGuld Kvällsfika(以後、ふぃーかと呼びます)

 

まずはふぃーかからご紹介しましょう。

おしんさんのtumblrより引用させていただきます。

 

https://baksliquidlab.tumblr.com/post/158992511367/新作リキッドguld-kvällsfika詳細重要なお知らせ

baksliquidlab.tumblr.com

 

 4月10日にBaksLiquidLab.よりスウェーデンリキッド第二弾が発売されます。

第二弾のリキッドは”Guld Kvällsfika “(グルド・クヴェルスフィーカ)です。

~中略~

コーヒー・バーボン・タバコの3種をメインに、バニラキャラメルやヘーゼルナッツの風味をプラスし、軽すぎず重すぎず鼻抜けの香りが特徴的なリキッドになりました。

前作のGotland Pepparkakorは「狭く深く」ターゲットを絞っていたのに対し、今作はやや間口を広げ、親しみのあるコーヒーフレーバーに仕上げています。

コーヒーフレーバーと言えばやはりワコンダですが、ワコンダ狂の方だけでなく、ワコンダ独特の癖や甘すぎるのが苦手という方にもおすすめします。

推奨セッティングは抵抗値0.3~0.6ΩほどのRDAです。 コーヒー・バーボン・ヘーゼルナッツ・バニラクリームが混然一体となって口の中を満たしてくれます。 自分はHadalyの0.56Ωに26Wで吸っていますが、「幸せ」という表現がピッタリです。合法ガンギマリミスト。

高抵抗RTAで吸って頂いた場合、トップノートにコーヒーとスモーキーな煙草とバーボンの香り、ミドルノートにキャラメルとヘーゼルナッツ、アフターノートにバニラクリームと順番に味が変化し、これもまた格別です。

このレシピを完成させるまでかなりの時間(と費用)を費やしました。 はっきり言って自信作です。

ワコンダが枯渇しつつある今、「ワコンダロス」に苦しんでいる方は是非ともGuld Kvällsfikaを試してみて下さい。

 

Nico Ticket廃業に伴うワコンダロスを吸収するかの如く

作成されたリキッドとも取れますね。

Nico Ticketが復活するというお話もありますね!)

 

注目すべきは、トップノート・ミドルノート・アフターノートの組み合わせ。

以前、おしんさんがツイートされていた画像があります。

 

 

ミストを吸っている最中・吐いている最中・吐き切った後

リキッドの味を感じる瞬間はそれぞれ分けることが出来ますが、

その感じる瞬間というのは配合によって異なります。

「このリキッド美味しいんだけど、なんか印象に残らないんだよなー」

ということだったら、奥行きがないということを感じている・・・とか。

リキッドの奥深さをこういうところから感じたりもしますね。

 

さて、コーヒー・バーボン・タバコの3種をメインに、バニラキャラメルやヘーゼルナッツの風味をプラス、ということですが。

 

吸うしかないジャン!!!!!!!!!!

 

ドン!!!!!!!!!!吸うぞ!!!!!!!!!!!!!!

オラ!!!!!!!!!!!!!!

 

環境は以下です。

アトマイザー:Hadaly

コイル:クラプトン、4ラップ

抵抗値:0.7Ω

W数:26W

 

まずは香り。

こいつぁすげえ・・・。

コーヒー・キャラメル・バニラ。

それをまずは感じますね。そこまでは月見っぽいんですけど、

そのあとのバーボン感からまた異なってきて、たぶんこれがナッツかなあというのが

奥に鎮座しています。

個人的に月見より複雑です。ワコンダほどタバコ感とかない印象ですね。

 

じゃあ吸っていきます。

 

スコーーーープハーーーーー。

 

渾然一体となったそれらは口腔内を満たしていく。

コーヒー・キャラメル・バニラ・バーボン。

デザート?違う。嗜好品であればこその贅沢感がそこにはあります。

ミストを吐き切ったあとに残るこの香り。

そして鼻を抜けていくミストの豊かさ。

たまらないですね。

 

トップノート・ミドルノート・アフターノートがこう、って言いたいんですけど、

美味しい。うめぇ。最高。という語彙欠落の循環がグルグルするだけです。

美味しいです。幸せです。

 

ガ ン ギ マ リ (白目)

 

 

 

 

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

( ^ω^)・・・

 

意識を失っていました。

VAPEであればこそ感じられる幸せだと思います。

「なんでタバコ吸わないのにVAPEやっているの?」

 

「美味しいリキッドがそこにあるからだよ」

そういってこのリキッドを掲げると思います。

 

次、行きましょう。

りしぇばっくもまた引用させていただきます。

 

https://baksliquidlab.tumblr.com/post/161657901372/lychee-bak-フレーバー詳細

baksliquidlab.tumblr.com

 

 ライチ×リキュール×タバコフレーバーです。

正直、フルーツ系を吸うのは苦手です。
そして作るのはもっと苦手です。
青臭かったり、ガムみたいな味になったり、何種類か混ぜるともう原型を留めなくなったりと。

市販フルーツリキッドって大体清涼剤が入ってるじゃないですか?
清涼剤もリキッドの味がわからなくなったり、強すぎたりするので苦手です。
なので最近まではフルーツ系を敬遠していました。
ですが、これからこの趣味を続けるにはフルーツ系は避けて通れない道。
今回はフルーツリキッドへの挑戦です。
コンセプトは「フルーツ系嫌いの人間が作るフルーツ系リキッド」。

ライチを中心に3種類のフルーツ、ラムを中心に3種類のリキュール、
キャラメルRY4タバコ、あと補助系を3種類。

清涼剤もほんの少しだけ入っています。
自分でも違和感無く美味しく吸えるレベルなので、清涼剤苦手な方でもご安心を。
そして物足りなさを感じる方はご自分で添加してみて下さい。
リキュールの鼻抜けと僅かな清涼感が絶妙に絡んでいます。

フルーツ系リキッド特有のガム感を避ける為に、
出来るだけ瑞々しい果実感を再現できるよう努力しました。
リキュール漬けフルーツの"Mouth Watering"な香りをお楽しみ頂ければ。

吸い込み始めにdark sweetなライチの甘さと酸味が広がって、
ミストを吐き出すとラムのアルコール感が爽やかに抜けていきます。
清涼感が爆発するようなフルーツリキッドではなく、
琥珀色の静かな果実酒リキッドをイメージしています。
涼しい夏の夜にしっぽりと燻らせる、みたいな。

 

ライチが入っているリキッドは最高のイメージしかない。(偏見)

ライチというと、甘酸っぱい印象ですが、それにキャラメルRY4タバコ。

それを聴いたときはどんな味になるのか想像もつきませんでした。

どんな魔法がかけられているのでしょうか。

 

ちなみにりしぇばっくの組み合わせについてもツイートされていました。

 

 

まずは匂いを嗅いでいきましょうね。

 ラム×ライチが芳醇に香りますね。

これはすごいな・・・。

その後にキャラメルが来る印象です。

そういえば匂いを感じる順番とミストの順番って比例するのだろうか。

そんなとりとめのないことを感じてしまう程、可能性に満ちたリキッドです。

 

吸っていきます。

 

スコーーーープハーーーーー。

 

ライチが真っ先に来ます。

しかし、それがすべてではない!

キャラメルRY4の甘さとほんの少しの煙草感。

決して強くはない清涼感。

なんだこれ、めちゃくちゃ美味しいのは確かなんだけれども、

どれを取って美味しいと感じているのかが分からない。

ミストを吐いているときに少々のヨーグルト感があるかもしれません。

 

チェーンをしていくとキャラメルがグングン香ってきて

しかもすっきりとした甘味で最高です。

ライチメインのリキッドだから、フルーツっぽくずーっと爽やかな印象で吸うんだろうなー

と思っていたのですが、とんでもない。

 

何層にも折り重なった構成が表情を幾重にも変えて、

どう楽しんでも良いんだぜ、というどっしりと構えてこちらを覗きます。

 

美味しい、楽しい、大好き。

 

あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

 

失敬、あまりの美味しさにコウモーンが我慢できませんでした。

 

それではまた。

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*) 

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村