初心者向けアナタを堕とす0の方法

メールはこちら manaka.rainbow.world+72@gmail.com

【リキッド】HILIQ MOMMY’S MILK

こんにちは、真中です。

 

最近、一つ考えていることがあるんです。

「リキッドレビューって意味あるの?」というお話ですね。

 

真っ先に書くのであれば、「どっちでもいい」というところだと思うんですね。

僕としては書くことが面白いのでそれはそれで良いのですが、

たぶん意義として考えるべきなのは「情報としての質」だと思うんです。

 

MODのレビュー記事を読んでいて気になる箇所といえば、

「デザインのカッコよさ」

「制御機構の優秀さ」

「使いやすさ」

etc...

 

それら書いてある情報は一つの参考といえど、確かな情報となり得るものです。

公式HPの紹介文を元に記載を行い、それをレビュー者が今までの経験を基に

良し悪しを伝えてくれる。

モノとしての良さ(情報)を凝縮して知ることが出来る。

 

アトマイザーとしても同様の部分が多いですよね。

その中でも「どう組めば良いのか」、「どう組んだらポテンシャルを発揮できるか」

「どんな味を出すのか」

という関心をいかに記事の中で記載出来ているかが大事なんだと思います。

 

リキッドレビューについて考えてみると、

「味の感じ方は人それぞれ」というところが大部分を占めてしまい、

結局どんな味わいかを書いたところでグルメレビューよろしく

「こう感じました、美味しかったです」となってしまうだけで、

そこには知りたい情報が無いんですよね。

 

リキッドレビューしている「人」自体に関心があればそれ自体が価値となりますし、

非常に読んでいて面白いですよね。

でも、そうでもない人のリキッドレビューって読んでいて「ふーん」以上の

関心事になり得なかったりします。

 

僕自身は書きたいんだけれども、書くこと自体の意味って最終的には

読んでくださる人に生じるものだから、書くこと自体が自己満足にすぎない。

ウーン、これはどうしたものかなあ・・・と思ったりします。

 

書きたいけど、影響力が殆どない僕が書くリキッドレビューに存在意義はあるのだろうか。

 

そんな時、ふと思い出した言葉があったんです。

僕は「ぐらんぶる」という漫画とアニメが好きなのですが、そこでの言葉を思い出しました。

ダイビングを主題としている漫画で、主人公である「伊織」はまだダイビングをしたことがなく、始めようか迷っているところです。

それに対し、先輩である「寿」がダイビング勧めているところです。

 

renote.jp

 

寿「ダイビングに興味は?」
伊織「ありますよ」
寿「そうか!」
伊織「でも、やる気はありません」
寿「何故だ? やってみたくないのか?」
伊織「……俺、泳げませんから」
寿「ハハッ! さてはお前、国語が苦手だろ?」
伊織「何ですか急に」
寿「だって『やりたい』か『やりたくない』に、『出来る』『出来ない』で答えるなんて!」
伊織「でも、海に潜るのに泳げないなんて」
寿「そんなもんどうにでもなる!」
伊織「どうにでもって、そんな……」
寿「最初から自分が出来るものだけ選んでたら何も始まらない。大事なのは、お前が興味をいだいているかどうかだろ?」

 

目がはっきりと覚めた思いです。

要するに、「誰かにとっての意味」を考えるよりも先に

「自分がどうしたいか」を考えることから始めるべきなんですよね。

 

僕はリキッドについて記事を書きたい。

それで読んでもらえないとしたら仕方がない。

勿論、書けるだけの気持ちや情報をそこに載せてやりきってダメならいいじゃないか

って思いました。

 

僕はどうしてもリキッドの不確かさというか、人それぞれ感じ方が違うというところに惹かれてしまうんですよね。

その中で美味しい、って思えること自体が出会いなんだと思います。

 

さて、そういった想いを胸に今日もリキッドについて書いてみます!

 

HILIQ MOMMY’S MILK

 

f:id:marakayan72:20181028211358j:plain

 

 

目次です! 

 

リキッド紹介

 

味の詳細を見ていきましょう。

 

www.hiliq.com

 

フレーバー:ストロベリ、チーズミルクなどの組み合わせ

 

いつも思うのですが、HILIQさんはこの説明文をもう少し充実させた方が

良いのではないかと思うんですよね・・・!笑

そのリキッドが美味しそうと思うかどうかの一つの要素だと思うんですよぼかぁ!

説明文から味を想像してジュルりとするのって楽しいと思うんですけどねえ

 

ただMOMMY'S MILKという名称・・・。

母乳ということですよねこれね。

バブみを感じてオギャりたい」人たちがSNSに溢れかえる昨今、

これはHILIQさんが我々のような人にニーズを感じたのでしょう。

ここまで来ましたよ皆さん!!!

 

でもラベルの女性は非常にアメリカナイズドされたボンキュッボンであり、

母性ってここに感じるものなんでしょうか。

僕には・・・よく分からなくなってきた・・・。

 

ぺろっと舐める

ちょーっと舐めてみます。

これは・・・いちごのショートケーキ・・・!

ホイップクリームというか、生クリームの味そのものを感じます。

チーズが薄くなった結果、ミルクを強く感じ、結果的にいちごのショートケーキ!

舐めてみた印象としてはこれ美味しいぞ・・・。

デザート感覚で吸うのが良いんだろうなあーと心構えが自然と出来てきます。

大変失礼な言い方になってしまいますが、HILIQさんでここまでワクワクする味わいなのは初めてかもしれません。

 

僕もこのリキッドにバブみを感じ始めている・・・ッ!

吸う!

 

じゃあ吸ってみますよ。

今回はFOG1の0.8Ωだけで吸うという男気環境(手抜き)で吸っていきます。

 

スコーーーープハーーーーー。

 

 

あっ、美味しいこれ!

HILIQさんから出てるバニカスあると思うんですが、

それを一瞬感じそうになるところから切り返していい感じのイチゴと

生クリームを感じます。

イチゴはサブ的な味わいで、主にクリームの方が主体ですね。

甘味がガンガン残るというわけではなく、さっぱりとした生クリームなので

意外とすいすい吸えてしまいます。

ただ、このクリーム感ってミルクそのものと換言しても良いと思います。

苦手な方は止めておいた方が吉。

好きな方は美味しく吸えますね!

 

チーズ感は吸っていくうちに何となく感じる程度でしょうか。

「あ、このチーズ好き!」って感じるほど強いものではないと思います。

あくまでアクセント。それでいいと思います。

ただ、美味しいには違いないのですが、頭一つ抜けてここが良い!という

リキッドではないかもしれません。

安心して美味しいというリキッドですので、日常で吸うのにはもってこいかもしれないです。

 

吸うのが勿体ないから我慢する・・・という贅沢リキッドとは違う方向性ですね。

ですが、組み合わせとしては自分が普段頑張っているご褒美に食べるショートケーキです。

 

心の拠り所になるかもしれませんね。

 

 

 総括

あふれ出るバブみでオギャれ・・・はしないぜこいつァーよォー!

 

いや、ちょっと何書いてるか分からないですね。

言いたいだけです。気にしないで下さい。

 

 

 イチゴのショートケーキという例えが僕にはピンときたリキッドでした。

日常の癒し、という意味で母性を感じるのかもしれないですが、

母性って難しいですよね・・・。還る場所なのかもしれないですけども。

少なくとも僕はこのリキッドにそういった要素は感じませんでしたね。

デザート感覚でスッキリ吸うのにはお勧めです。

 

甘くてこってり、という感じのリキッドではないので

意外といえば意外かもしれません。

ミルクを使うことでクリームがこってりとするものではないようになっているのかもしれませんね。

狙い通りなのでしょうか。

 

このリキッドについて書けたことで意外と満足してしまいました。

写真の通りあと4つはあるんだけど、どうしようかなあという感じです!

 

f:id:marakayan72:20181028215742j:plain

 

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます!

次回も読んでいただけたら嬉しいです。

 

それでは。

 

あとはこいつをポチればええんやで(*´ω`*)

 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村